SEO Rootsサーチエンジン情報

一般分野総合サーチエンジン

利用は、
サーチ掲載を含めて、無料
自動機能により、リアルな掲載判断と同時に、2nd側検索側の認可マーク追加判断をしています。

掲載条件
利用規約で、注意部分に当てはまらないサイト
メルマガなどは、一切有りません
サーチエンジンの登録に関するお知らせメール程度

利用できる機能、特徴
・掲載のリンク利用、皆さんのHP掲載の受け付け、オプション機能利用*1
・掲載の受付は、コンピューター自動判断型即掲載タイプです。
・見た目のシンプルさとは異なり
色々なオプション機能も装備、全て無料でご利用頂けます*2
・ディアル側サーチエンジンは、1st側登録で”special”マークが確認されるか?マークが表示されていなければ、
1st側カテゴリの登録依頼場所に1つを登録希望の変更して、マークが追加になる事で登録受付がされるようになります*3
・特殊機能として、アクセス利用の方が第三者に悪用されて無いかの検出
2台とも登録する手順 両方とも下記手順で即登録掲載方式です
1、1stに登録・・・・新着を見て掲載に”Special”マークの表示を確認・・・・送られてきた登録完了メールより紹介された場所にアクセス・・・・・その確認をして・・・・2nd側に登録・・・・新着で登録の掲載を確認「制御付きリアル掲載」

*1
アドレス表示・携帯QRコード表示・サイトサムネイル表示・FLASH表示・検索バー表示などその他詳しくは、カテゴリ内の”利用取り扱い欄”をご覧下さい
ディアルナビへの掲載依頼、こちらも同じく”利用取り扱い欄”を
ご利用方法などや変更点など詳しくは、”利用取り扱い欄”から
ヘルプをご利用下さい

*2
オプション機能「サイトイメージモード最新」もヘルプをご利用下さい
*3
ディアル側サーチエンジンは、次世代方式サーチエンジン「アトラクティブアクセスサーチエンジン」をアレンジして真似る事で、認可タイプ登録方法のヒントになればと作成したものです。そのサーチエンジンとして
|アトラクティブアクセス||アクティブセカンドエンジンズ|があります
宜しければご利用下さい
| ヘルプ || *2関係 || NAVI TOP || HOME |

その他に、参考にしていただければ・・
更新重視設定の考えとして、新しく出来て登録された情報も有る面、新鮮で魅力的な場合も有りますが、その中には、どこかのページのデザインなどを参考に作り、ひどいものでは、内容まで、他のサイトの真似などして、試行錯誤で、まだ発展する過程の場合など。
中にはすぐに閉鎖してしまう場合やその後、飽きて何もしなくなった管理人さんのサイト等になる場合が多く。それを考えると
時間を得て、知識を増やして更新された歴史の有る管理人サイト皆さんほど思わぬすごいサイトが、出てくる可能性が高く、このサイトのドメインネームの目標の意味のように、本当に、魅力的なサイトが隠れている場合があると考えているからです これこそ、ロボットとはまた違うディレクトリサーチエンジンで引き出す役割役目だと考えて設定しています。
ディアルサーチエンジンの役割分担の考え
サーチエンジンをやっていると、どうしても理解不能なむちゃくちゃな登録をされる方がいて、利用者に判りやすく紹介したくない方がいるようで、その目的を考えると
その本人中心の方の考えるアクセスアップなのか、しかし、単純に考えると判りにくいサーチエンジンを使うだろうか、それが理解できない事もおかしい?
有る面、SEOの本来の目的を考えると決して、そのような登録に、メリットが無い事が理解できなくは無いはずです、すると・・・別の目的?
目的の情報が、早く簡単に探し出せる事が迷惑な方がいる。それを素直に考えるとネット上で問題な事をされている方だろう
すると、もう誰もが想像できると思います、そして、有る検証データを集約していった所、同一人物による大量のおかしな登録
そしてそれらおかしな登録を過去に向かってデータを整理した所、登録作業を代行してやっているらしき業者のメールアドレスやバナーアドレスが大量に発見された
その中には、悪徳商法で詐欺で捕まった業者もあったようでした。つまり、これが実態らしく、おかしな登録を繰り返す偽の登録業者ですね

この事から、
何か、大量に作業できるような方式を使っているらしく。ネット上で、同一時間帯に大量に作業をされる情報も得ています
そこで出てきた対策の部分で、ディアルサーチエンジンです。ディアル側には、このサーチエンジンのHTML方式の唯一の弱点が逆にそれらを回避する特権になり、ディアルリアル掲載でも、ほぼ大量に作業をする方式では、無理であると判ってきた
登録されたサイトの方に登録完了メールで、取り扱いを知らせてディアル側に掲載できる
さらに、カテゴリ構成を変える事で組み合わせで使いやすいサーチエンジンを使い探し出せる1stと2ndの内部連結方式、関連カテゴリー同士で1stと2ndを行き来できる機能も備えていますので、ディアルサーチエンジンとは言え、1台のサーチエンジンのような取り扱いになっているのです

そして、次世代型の取り扱い案内用ヒントでも有る。それこそ、最大20台をこれらで連結させてある次世代型サーチエンジンで、沢山の有効メリットや特権が隠れているサーチエンジンの案内状にもなっているディアルサーチエンジンです
つまり、未来の次世代型を今までのような登録方式にしてしまえば、データ情報面からサーチエンジンとしてまるで管理は出来なく次世代型を良く調べるとなぜこのようになっているか理解頂けるようになると思います
そして、オプション機能など次世代タイプへの案内用サーチエンジンになっています。